カンチの3ポイントシュート

ゴールの遥か手前で無残にも失速する3ポイントシュート

【ハードボイルド小説】紫煙と硝煙が交わる時

   

 

行き過ぎた正義は、もはや正義ではない。

そして正義も時として仇となる―。

 

「終わりだな。カンチ…。」

黒のスーツに、紫のシャツ。

コテコテのアウトロースタイルに身を包んだ男が、銃のトリガーに指をかける。

 

1ヶ月前―。

俺は、とあるバーで酒を煽っていた。

ところが見事にボッタクリにあった。

中ジョッキ1杯のビールと、つまみの柿ピーを頼んだだけで700円。

俺はこういう筋の通らないことが大嫌いなんだ。

 

「お客さん、ボッタクリなんて無茶言わないでくださいよ。適正価格じゃないですか…。」

―適正価格だと?アサヒスーパードライ500mlが300円弱。柿ピーなど100円で3袋は買えるじゃないか。それがどうして700円になるんだ?

「あのねえ、お客さん。おうちで晩酌してるのと違うんですよ?客商売は人件費や光熱費、家賃がかかるんですよ…」

―うるせえ!原価は400円もしねえじゃねえか!責任者を呼べ!あと『お客様の声』にクレーム入れてやるからな!

 

「責任者を呼べ」で現われたのが、ケツモチの反社会組織の連中だったのだ。

こんなうらぶれたバーにもケツモチのアウトローがいるなんて…。

この日から俺は、アウトロー集団の指名手配犯となった。

そして、行き過ぎた正義は仇となった。

 

今、銃のトリガーに指をかけているこの男。

通称「一撃必中の竜」。

銃の扱いに長けていて、標的を一発で仕留める。

俺のようなカタギの人間でも、その噂は伝え聞いている。

 

「おい、カンチ。死ぬ前に、何か言い残した事はないか?」

―だ、だって、原価は…

「…うっ、うるせえ!この原価厨が!他だ、他!原価以外に言い残した事は!?」

イラつき気味に竜は声を荒げた。全く取り付く島もない

―タバコを…。最後にタバコを吸わせてくれ…。

「ふんっ!いいだろう…。」

「だが、ゆっくりだ。ゆっくりタバコを取り出せ。」

ポケットに手を入れ、やおらタバコを取り出す。

「妙な動きをしやがったら、すぐに銃をぶっ放すぞ?」

「お前が取り出したそのタバコ…。『ラッキー・ストライク』を吸う前に、お前の額に銃弾が『ラッキー・ストライク』になるからな?」

「あはははははっ!」

竜の舎弟どもが、竜の機嫌を取るようにオーバーに笑った。

 

タバコに火をつけるべく、ライターの入った、もう一つのポケットをまさぐる。

「ああ、カンチ。ライターは必要ねえよ。」

竜がそう言い放ったと同時に、火花と破裂音が鳴り散る。

竜の放った弾丸は、咥えたタバコの先をかすめ、火を点した。

 

―なるほど…。噂に違わぬ銃の腕前だ…。

背中に走る寒気を押し殺すように、深くタバコを吸い込んだ。

ふぅ、と大きく吐き出した紫煙に、既に立ち込めていた硝煙が混じる。

2つの煙が混じった独特の匂いの中、俺はこの窮地から脱する方法を模索していた。

 

横目で後ろの雑居ビルを見る。

左に半歩だけ、ゆっくりと体を移動する。そしてもう半歩、ジリジリと移動する。

 

「おい。タバコがフィルターを焦がしているぞ。もういいだろ。」

―…。ああ。もう思い残すことはない。ひと思いに頼まぁ。

「ははは。なかなか潔いな。涅槃で待ってろ、カンチ君。」

竜が銃のトリガーに指をかけた瞬間、俺はしゃがみこんだ。

 

発砲音と金属の破裂音が路地裏に響いた―。

次の瞬間、シューッという、何かが吹き出る音が路地裏に漏れる。

「なんだ?ガスくせえぞ!?」

 

そうだ。俺は賭けたんだ。竜に。竜の、正確無比の銃の腕に。

 

タバコを吸いながら俺は見たんだ。

真後ろにある雑居ビル。

そしてそのビルの壁を這うように、むき出しになっているガス管を―。

 

竜の放った弾丸はガス管を貫通し、今度は硝煙とガスの匂いが路地裏に充満する。

 

「…なんのマネだ?カンチ…。次は外さねえぞ?」

―分からねえのか、竜。お前が発砲したらガスに引火して、一面大爆発だぞ。

「ふははっ!銃の火花で、ガスに引火するわけがねえだろ。」

―なんだよ、竜。銃の扱いには長けてても、その辺は無知なんだな。

「…もういい。戯言は終わりだ。」

―ハッタリだと思ってるのか?俺はこうなる事も想定して、事前にググってきたんだぜ?

―ウソだと思うなら、お前も「発砲 ガス漏れ」でググってみろ。別にGoogleじゃなくても、Bingでもhao123でも検索してみるといい。

「くっ!このガキッ!」

「……。…おいっ!『発泡式ガス漏えい検知液』しか検索結果に出てこね…あっ!?カンチはどこだ!?」

 

俺は路地裏を走った。竜がガラケーのF902で「発砲 ガス漏れ」を検索している隙に―。

俺は走った。もう少しすれば大通りに出る。タクシーが往来しているはずだ。

路地裏を駆け抜ける。

陽は、ゆらゆら地平線に没し、まさに最後の一片の残光も、消えようとした時、メロスは疾風の如く大通りに突入した。間に合った。

 

―いや、間に合ってねえ…。タクシーが全然こねえ!くそっ!

 

「おい!いたぞ!こっちだ!」

追ってきたチンピラどもが迫ってくる―。

―くそ!どうしたらいい!?…車…、車だっ!路駐していてエンジンかけっぱなしの車!そいつを拝借しよう!

追手がすぐそこまで迫ってきている。

 

―ダメだ!路駐している車がねえ!

―はっ!あそこだ!あそこに行けば!

―やっぱり!あったぞ!ドアのカギもかかってねえ!

 

 

 

 

 

つーか、ドアそのものがねえ!

 

エンジンは!?

 

 

 

 

よっしゃ!かかったwwwwwバイバイキーンwwww

あ、バイバイキンじゃ俺が悪者やんけwww

あると思ったんだよ。

ちびっこ広場」に車が!!!!

 

…さて白痴のフリも、ここまでにしておこう。

 

「おい、そこのセレブ妻!中年男が真っ昼間から、ちびっこ広場でアンパンマン NEW あちこちスイスイアンパンマンに乗っているんだぞ?不審だと思うだろ?な?思うよな?だったらするべき行動は一つだよな?」

 

セレブ妻が子供の手を引き、足早に去っていく。

―くっ!ダメか…。

その時、セレブがスマホを取り出し、電話をかけ始めた。

―よしっ!目論見通りだ!これで警察が駆けつける!

警察という最強の護衛が俺についてくれる!

 

「おい!こんな所にいやがったぞ!」

警官より早く、チンピラどもが俺を取り囲む。

「つーか、こいつ何してんだ?」

「…バカじゃねえのか?」

「こんなバカに俺たちは振り回されていたのかよ…。」

「俺、なんだかこいつがかわいそうになってきたよ…」

 

―や、やめろっ!哀れみと蔑みの目で俺を見るなっ!

「バカらしい。もう帰ろうぜ。」

―ま、待て!チンピラ!お前らがいなかったら、ホントにただの通報事案になってしまうではないか!!!

 

俺を追いかけていたチンピラが、今度は脱兎のごとく逃げ出した。

―頼むよお…。マジかよお…。不審者情報がお子様を持つご家庭に出回るじゃんかよお…。

 

誰もいなくなった静寂のちびっこ広場に、アンパンマンのマーチが虚しく響く…。

 

「すみません。ちょっと通報があったもんで。署までご同行願えますか?」

アンパンマンのマーチは、サイレンの音にかき消された。

 

3日後―。

俺は路地裏を慎重に歩いた。アウトロー集団から逃げてるわけではない。

もう、ご近所の冷たい視線が痛くて痛くて…。

 

人目につかぬよう、路地裏の奥へ奥へと歩みを進めると、トレンチコートを着た男が立っていた。

先日、俺を取り調べた刑事が張り込みをしていた。

 

「お、カンチじゃないか。この前は悪かったな。ちょっときつく絞りすぎた。でも、もうあまり不審なことをするんじゃないぞ?」

「ほれ、これ食うか?」

刑事は持っていたアンパンと牛乳を俺に差し出した。

―いや…。もうアンパンはコリゴリっす…。

 

そう一瞥をくれ、さらに路地裏の奥へと歩みを進めた。

くわえていたタバコがフィルターを焦がしていた。

タバコをつまみ、指で弾いた。

弾かれたタバコが宙で弧を描き始めた時、閃光と共にタバコが散り散りになった。

紫煙と硝煙が入り混じる。

 

―そうか、竜。お前だけはまだ、俺を付け狙っていたんだな。

竜はただ薄ら笑いを浮かべる。俺も釣られて笑った。

―お前とは決着をつけないとな…。

路地裏の奥にある、竜の縄張りである繁華街。「大人の広場」にを進める。

 

何の為に生まれて、何の為に生きるのか。

答えられないなんて、そんなのは嫌だ―。

そんなメロディーを口ずさみながら。

 

 

*執筆後記

先日、ゲーセンでガチャガチャを回しました。その時、アンパンマンの乗り物が目に入ったんです。

そんでこれは懐かしい!童心に返ってガチャガチャを回してみたみたいに

「アンパンマンの乗り物に乗ってみた」を書こうと思ったんです。んで、ゲーセンに行く道すがら

「ヤクザに追われている最中に、アンパンマンの乗り物で逃げる話」にした方が面白いんじゃね?と思ったんです。

そしてゲーセンに到着。私は一目散に、アンパンマンの乗り物があった場所へ向かいました。

・・・撤去されていました。

言い訳になるかもしれませんが、あのアンパンマンの乗り物さえあれば、もっと面白い話になっていたんです!

「いつまでもあると思うな親とアンパンマンの乗り物」

「amazonで買い物するときゃ、このブログ経由で」

老婆心ながら、最後までご閲覧いただいた皆様に、この2つのことわざを送りたいと思います。

 - 救われた話